Canon EOS 7DからiPad2へのRAW画像の取り込みが秀逸

せっかくiPad2を買って、デジタル一眼レフの写真の取り込み~加工~ブログへのアップ~写真の管理まで全てiPad2で完結できるといいなあと思っていたのですが、割りと簡単に出来ました。それもRAW画像が使えるのが秀逸だと思います。恐るべしiPad2です。

まず取り込む方法は、iPad2に「iPad Camera Connection Kit」をガチャっと指して、Canon EOS 7DとUSBケーブルで接続すると、iPad2に見事に吸い込まれていきます。取り込み速度は予想以上に速いです。1GB分のRAW画像の写真をiPad2に転送するのに、2分半しかかからなかったので、十分実用に耐えられるレベルですね。

取り込む前に、取り込みたい写真を選ぶことも出来るのも便利です。

やっぱり高解像度の写真をシャープかつ大きく見られるiPad2は素晴らしいの一言です。

あと、画像レタッチソフト・PhotoshopのiPad版アプリ「Adobe Photoshop Express」が無料で提供されていて、ちょっとした加工ならRAW画像を直感的な操作で編集することが出来るので、煩雑なパソコンとはサヨナラできそうな気がします。(RAW画像を追い込んで現像する人にはちょっと向かないかもしれないですが)

iPad2のカメラを使うのも手軽でいいのですが、一眼レフで良い写真が撮って、その場で高解像度の写真をアップしたり、写真のクオリティを確認できたら、今までに無く写真の楽しみの幅が広がると思います。(簡易のバックアップとしても使えますし)

iPadで楽しい写真ライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。