ポッドキャスティングを試してみる

せっかくiPodを買ったので、「ポッドキャスティング」というものを試してみました。ポッドキャスティング」はWeb上に公開された音声ファイルを、iPodなどへ自動的に転送して聴けたり、逆に自分が作った音声ファイルをWeb上に公開するものですね。
 
なんだかいまいちよく分からないですが、ニフティが提供している「Podcasting Juice」というサイトで、「ポッドキャスティング」を簡単に説明していたので、参考にしてやってみました。
 
「ポッドキャスティング」を楽しむためには
 
1. iTunes4.9をダウンロードして、インストール
2. iPod Updaterをダウンロードして、インストール
 →skyseekerが持っているiPod Photo(30GB)は最新版の一世代前のものなので、この作業が必要
3. iTunes4.9を立ち上げて、iPodをつなぐ。実はこれで準備自体は終了。
4. ニフティの「Podcasting Juice」に行って、各コンテンツのページにある「Podcasting」というバナーを、iTunesのポッドキャスティングのメニューのところまでドラッグする
5. 自動的にそのコンテンツの最新音声ファイルがダウンロードされ、iPodにも転送される
6. あとは普通に聴くだけ
 
面倒くさそうなのですが、意外と簡単で5分ぐらいで「ポッドキャスティング」ができるようになりました。ちなみに最初にダウンロードした音声ファイルは

デイリーポータルZラジオ
 
デイリーポータルZ取材時のようすをラジオでお届けします。MCはトークが苦手なデイリーポータルZのライター陣。ゴウゴウなる風の音、気まずい沈黙、写真と文字だけでは伝えきれない雰囲気をお楽しみいただければ幸いです。インタビュー、写真撮影ができない場所への潜入レポート(声だけで)などを予定しています。

「ポッドキャスティング」を初めて味わった新鮮さとMCのあまりに素人っぽい(笑)ところがあわさってなかなか面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。