青空に開放された一本の木

 
久しぶりに赤レンガ倉庫の周りを歩いていたら、開国博Y150の施設が無くなって、元の広場に戻ってました。
 
この広場には大きなゆりの木があるのですが、開国博Y150の開催中はどうでもいい鉄筋に囲まれて、さぞかし窮屈だったでしょう。が、こうして元気にのびのびと君臨している姿を見て、大木好きにとしては今日の青空と一緒にうれしくなりました。
 
100516-2.jpg
 
やっぱり横浜はブルーが似合います。
 
100516-2.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。