雲を眺めるのが好きになる本

「雲の楽しみ方」というエッセイ集を本屋で見つけました。雲を見たりするのが大好きな方にオススメです。イギリスではベストセラーになったみたいですね。
 
「雲」の楽しみ方

 
雲の形と発生のメカニズムや、雲についてのエピソード、子供のころの思い出などが、雲好きなイギリス人の著者っぽい表現で綴られてます。雲好きによる気象の専門的な本ではなくあくまでエッセイ集なので、特に難しい表現もなく、イメージしやすい文章で頭の中に入ってきて、雲って面白いなあと思える本です。
 
雲好きによる雲好きのための一冊ですね。
 
IMG_0324.JPG
 
著者のギャヴィン・プレイター=ピニーさんは、「雲を愛でる会(The Cloud Appreciation Society)」という会を主宰していて、世界中に1万人近い会員がいます。
 
雲を愛でる会(The Cloud Appreciation Society)
http://www.cloudappreciationsociety.org/
 
ウェブサイトでは、たくさんの雲の写真のギャラリーがあったり、雲についての情報交換がされてます。雲という万国共通の事象で世界中の人と語れるのは楽しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。