昔の横浜の地図がGoogle Earthで楽しめる「横浜市三千分の一地形図」

横浜市から昭和30年代の横浜市の地図をデジタル化した「横浜市三千分一地形図」が公開されたようです。
 
横浜市三千分一地形図
 
Google Earthをインストールしていると、現在の衛星画像上に昭和30年代の地図を重ねてみることができます。今から50年ほど前はランドマークタワー辺りのみなとみらいのほとんどは海だったのと、汽車道~大桟橋~山下埠頭のあたりは結構、栄えていたんだなあと気づきました。
 
あと、今の汽車道は本当の線路だったんですね。
 
という再発見は楽しいですね。
 
080630_1.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。