[’08富士山]大気の層を突き破る

山に登っていると、上空に向かって、鉛直的にどんどん空気が薄くなっているのが一目で分かります。
 
つくづく思うのは、人間って、ぶ厚い大気という十字架を背負って生きてるんだなあと。
 
身も心も軽いのが一番。
 
080916-1.jpg

2008年9月富士山登山アーカイブ

 
撮影:Canon IXY Digital 910IS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。