横浜トリエンナーレ2008の白い丸天井「リングドーム」

遅まきながら、3年に1度開催される国際現代美術展「横浜トリエンナーレ2008」に行ってきました。
 
今回もたくさんのアートが展覧されていたのですが、一番、気に入ったのがナビオス横浜の前に忽然と姿を現した「リングドーム」と言う半球ドームです。フラフープで作られているらしいのですが、蚕の繭のように、緻密に編みこまれていました。
 
過去2回のトリエンナーレもそうなのですが、横浜という街が国際的な建物があって開放感のある土地柄であることを考えると、やっぱりこういった屋外のスケールのあるアートのほうが個人的には好きです。
 
第一回はインターコンチネンタルホテルの壁にぶらさげられた巨大バッタ、第二回の山下公園にドスンとおかれた絶妙なバランスで立つコンテナといい、そのアートが持つスケール感が、ダイレクトに見る人の目と心に伝わるようなアートがもっとあってもいいのかなというのが正直な感想でした。そのあたりは、次のトリエンナーレに期待したいところです。次も「なんなんだ!これは!」とびっくりさせてください。
 
081119-3.jpg
 
このリングドームの中には人が入ることもできます。
 
何の障害物のない空もいいですが、アートのフィルターを通して眺めるのもいいですよね。
 
081119-3.jpg
 
撮影:Canon IXY Digital 910IS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。