胎内拝観

いざ鎌倉へ!
 

 
鎌倉と言えば、大仏様です。
 
今日は大仏日和。青銅の色が青空に映えます。
さぞ大仏様も気持ちのよいことでしょう。
ここでお勉強を一つしておきましょう。
鎌倉の大仏さんとは。。。
 

1712年に創建された浄土宗の寺院。境内に鎮座する有名な「鎌倉大仏」は、
高さ13.35m、重さ124トン。正確な名称は大異山高徳院清浄泉寺(だいいざん
こうとくいんせいじょうせんじ)の阿弥陀如来坐像。鎌倉時代の代表的な青銅彫刻
の傑作である。沙門浄光(しゃもんじょうこう)という僧が庶民から寄付を募って造った
庶民のための大仏さまで、建造当初は木像仏だった。

鎌倉Today – 高徳院(大仏)

 
なるほど。
 

にほんブログ村 写真ブログへ
 
でも、大仏さんの顔ってこうしてアップでみるとシュールですね。
 

 
加えて、20円で「胎内拝観」もさせていただけます。
「胎・内・拝・観」。。。ドキッとする響き。
20円というのも微妙な感じでよさげです。
 
では、いざ胎内へ!
 

 
じゃーん、ここが大仏様の胎内です。
 
なんか凄い。。。あの穴は食道でしょうか。
昔、インナースペースという体内に入った探査艇の冒険SFX映画が
ありましたよね。ちょっとした鎌倉大仏版インナースペースって感じです。
 
外観とは違い、とても窮屈で、雑然とした様ですが、
建造の大変さと歴史を感じさせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。