富士山測候所空き家状態続く

残念なニュースですね。

Yahoo!ニュース – 毎日新聞 – <富士山測候所>空き家状態続く 管理費ネックで名乗りなく
 
 昨秋無人化した富士山測候所の大部分が“空き家”の状態になっている。気象庁は「環境研究などの貴重な拠点になる」と建物の管理を任せられる団体などを探しているが、富士山頂だけに年間1億円以上にもなる管理費がネックとなり、名乗り挙げられない状況だ。

地球環境の微妙な変化は上空の大気ほど敏感に現れると聞きますね。素人判断ですが、地球の体調を調べるためには、こういう拠点の有効活用が必要なのかなあと思ったりしますが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。