ビーカーとケータイで雨チェック!

こういう面白いものがありました!

観測機器は、原始的な“ビーカー”と最先端の“携帯電話”ビーカーを使って全国10,000人で梅雨観測

世界最大の民間気象情報会社、株式会社ウェザーニューズ(代表取締役会長兼社長:石橋博良)は、本格的な梅雨シーズンを前に、全国の携帯電話ユーザーと共に雨観測を行なう「雨プロジェクト」を2005年6月10日から開始いたします。「雨プロジェクト」は、梅雨期間中の全国各地の降雨量や酸性度について、ビーカー(雨カップ)を使って、1万人で毎日観測を行なうもので、収集したデータは、同社が展開する携帯電話サイトにて公開します。また、同社では、気象観測の一環として、収集データを地域別での降雨の特徴や酸性雨の状況などの調査に活用する予定です。雨の実態調査を一般の方の参加を得て1万人規模で実施する試みは、日本はもとより世界的に見ても初めてのものと言えます。

ビーカーとケータイを使ってみんなで雨の観測やその酸性度を測ってみようってことですね。
 
早速、参加してみました!で、届いたのがこの雨キット!
 

 
ほんとにビーカーだ!リトマス紙もある。リトマス紙なんて何十年ぶりだろう!
 
早速、このキットで雨観測と酸性度チェックをしたいと思います。明日は雨が降るでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。