フォッサマグナの湯

moblog山梨県・白州塩沢温泉「フォッサマグナの湯」にやってきました。ナトリウム、カルシウム-塩化物泉の高アルカリ温泉。ペーハーはなんと9.95!リトマス試験紙も立派に青になります。疲れた酸性の身体を癒すのにもってこいですね。

ちなみにフォッサマグナっていうのは、地質上の大き(magna)な裂け目(fossa)のことで、ユーラシアプレートと北米プレートの境界にもなっています。白州町はこのフォッサマグナの西の端に位置していて、その地下に眠っていた温泉がこの塩沢温泉というわけですね。

地球の大地のドラマに思いはせながら温泉につかるのもいい感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。