写真集:奥日光の紅葉

栃木県の奥日光は紅葉が見ごろを迎えています。
 
そもそも紅葉というのは葉の根元と枝の間に、「離層」という固い組織ができて、葉で作られる栄養が枝にいかなくなったり、葉に水分がいかなくなって、紅葉が始まります。
 
また、紅葉の中で赤くなるのはアントシアニンという赤い色素、黄色くなるのはカロチノイドという色素が作用するためで、どちらも葉っぱを青々とさせていたクロロフィル(葉緑素)が減ってくるのにしたがって台頭してくるのだそうです。紅葉は緑の季節が終わってしまう卒業式みたいなものなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。