青空とニッコウキスゲ

梅雨も終わりが近づいてますが、紫陽花のあとの花の主役はニッコウキスゲですね。標高の高い高原地帯で咲くユリ科の多年草で、黄色い花びらが真っ青な空に最高にあいます。
 
漢字では「日光黄萓」と書くそうですが、特に日光地方だけで咲いているわけではありません。でも、日光の霧降高原にあるキスゲ平のニッコウキスゲの群生はとても有名で、一度と言わず何度も訪れたい場所です。ここは何度行ってもあきることがありません。
 
060718_1_01.jpg
 
キスゲ平スキー場の駐車場からリフトを乗り継いで登ること約15分、こんなすばらしい光景に出会うことができます。黄色い花びらの絨毯とはるか彼方の下界を見下ろす眺めは最高です。
 
060718_2_01.jpg
 
そして、青い空をバックにパチリ。さらに、トンボのおまけつきです。
 
時期的にはもうピークはすぎていますが、今週いっぱいは楽しめるかもしれませんね。
 
日光霧降高原・那須高原沼原湿原 ニッコウキスゲ開花情報
 
霧降高原へのアクセス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。